矯正症例

乱ぐい・八重歯(叢生)

◆叢生(そうせい)抜歯症例

sousei_b_1.jpg

sankaku.jpg
sousei_b_2.jpg

コメント

  • 治療前:上下の歯がデコボコし八重歯もありました。歯磨きがしにくく、むし歯になるリスクも高いと考えられました。
  • 治 療:上下左右の小臼歯を1本ずつ抜き、ブラケット装置で治療しました。
  • 治療後:きれいな歯並び・かみ合わせになり、むし歯になるリスクも低くなりました。
【症例詳細】①主訴:歯がデコボコしている ②診断名:上下顎叢生 ③年齢:12歳7ヶ月 ④使用装置:マルチブラケット装置 ホールディングアーチ ⑤抜歯部位:上下左右第一小臼歯 ⑥治療期間:1年10ヶ月 ⑦治療費用:610,000円(検査料・基本料金・調整料・保定装置料の合計 税込)⑧リスク/副作用:矯正治療には,むし歯や歯周病・歯根吸収などのリスクがあります.詳しくは下記の「矯正治療に伴う副作用や注意事項」をご参照下さい.

矯正治療に伴う副作用や注意事項

  • 治療を始めたばかりの頃は、装置による不快感や痛み等があります。一般的には数日~1、2週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動きには個人差があるため、予想された治療期間が延長される場合があります。
  • 装置の使用状況が悪かったり、通院の間隔が空いてしまうなど患者様の協力が得られないと、治療期間や治療結果に影響してしまいます。
  • 矯正治療中は装置により歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
  • むし歯が出来ると計画通り治療が進まない場合があります。
  • 歯の移動に伴い、歯の根の部分が吸収して短くなることがあります。
  • 歯の移動に伴い、歯ぐきがやせて下がったり、歯を支える骨が吸収する場合があります。
  • 矯正装置の素材によっては、アレルギーを起こす場合があります。金属アレルギー等をお持ちの方はお申し出下さい。
  • 歯を動かす治療が終わった後も、歯は元の位置に戻ろうとする傾向(後戻り)があります。
  • 治療後には後戻りを防止する装置(保定装置)を装着し、定期的に観察を行う必要があります。
  • 矯正治療を一旦開始すると、途中でやめたり元の状態へ戻す事は難しいため、始める前に慎重にご検討下さい。

◆叢生(そうせい)非抜歯症例

sousei_h_1.jpg

sankaku.jpg
sousei_h_2.jpg

コメント

  • 治療前:右側に八重歯があり、軽いデコボコがありました。
  • 治 療:上下の歯列を拡大してスペースを作り、ブラケット装置で治療しました。
  • 治療後:デコボコのないきれいな歯並びになりました。
【症例詳細】①主訴:歯がデコボコしている ②診断名:上下顎叢生 ③年齢:9歳3ヶ月 ④使用装置:マルチブラケット装置 ヘッドギア ⑤抜歯部位:なし ⑥治療期間:2年3ヶ月 ⑦治療費用:600,000円(検査料・基本料金・調整料・保定装置料の合計 税込)⑧リスク/副作用:矯正治療には,むし歯や歯周病・歯根吸収などのリスクがあります.詳しくは下記の「矯正治療に伴う副作用や注意事項」をご参照下さい.

矯正治療に伴う副作用や注意事項

  • 治療を始めたばかりの頃は、装置による不快感や痛み等があります。一般的には数日~1、2週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動きには個人差があるため、予想された治療期間が延長される場合があります。
  • 装置の使用状況が悪かったり、通院の間隔が空いてしまうなど患者様の協力が得られないと、治療期間や治療結果に影響してしまいます。
  • 矯正治療中は装置により歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
  • むし歯が出来ると計画通り治療が進まない場合があります。
  • 歯の移動に伴い、歯の根の部分が吸収して短くなることがあります。
  • 歯の移動に伴い、歯ぐきがやせて下がったり、歯を支える骨が吸収する場合があります。
  • 矯正装置の素材によっては、アレルギーを起こす場合があります。金属アレルギー等をお持ちの方はお申し出下さい。
  • 歯を動かす治療が終わった後も、歯は元の位置に戻ろうとする傾向(後戻り)があります。
  • 治療後には後戻りを防止する装置(保定装置)を装着し、定期的に観察を行う必要があります。
  • 矯正治療を一旦開始すると、途中でやめたり元の状態へ戻す事は難しいため、始める前に慎重にご検討下さい。